【節約術】Looopでんきと楽天でんきを比較してみた

節約
Photo by Ulises Guareschi on Unsplash

家計の節約術の代表的なものに3大キャリアから格安SIM(MVNO)への移行がありますが、2016年から始まった電力自由化により大手電力会社から新電力会社への移行も節約術の一つですね。

ここでは基本料金ゼロ+安価な従量料金で代表的な2つの新電力会社、Looopでんき楽天でんきを比較しています。

私は関西電力からLooopでんきに移行したのですが、楽天経済圏参入のタイミングで楽天でんきと移行しています。

結論

  • 楽天経済圏の人 → 楽天でんき

     - SPU+0.5倍
     - 楽天ポイントで電気料金支払いができる
     - ただし、北海道電力と北陸電力エリアの場合は注意が必要

     

  • 楽天経済圏ではない人 → Looopでんき

     - 電気料金単体の比較ではより節約できる

  • 【番外】マンション共用部電気料金を節約したい人 → Looopでんき

     - マンション理事会でLooopでんきと契約できる

Looopでんきの特徴

Looopでんきは太陽光発電を中心に自然エネルギーの普及を目指す新電力会社です。
大手電力会社とは異なり、大規模な発電施設を持たないため固定費が少なくできるため基本料金を0円にできるようです。

エレベーターなどの動力プランもありますのでマンション理事会で共用部電気の契約も可能です。

ただし、沖縄電力と離島は供給エリア外になります。

出典 Looopでんき

楽天でんきの特徴

楽天でんきは楽天グループの楽天エナジーが提供する電力小売サービスです。

特徴は何といっても楽天ポイントを貯める・使うことができる点ですね。
さらに申し込みで2000ポイントが貰えます。

出典 楽天でんき

料金比較 Looopでんき vs 楽天でんき

それでは両者の特徴がわかったところで、料金比較(円/kWh)です。
基本料金はどちらも0円です。

北海道電力と北陸電力エリア以外は0.1円/kWhの料金差ですね。

エリア 基本料金Looopでんき 楽天でんき
北海道電力0円29.5円30.0円
東北電力0円26.4円26.5円
東京電力0円26.4円26.5円
中部電力0円26.4円26.5円
北陸電力0円21.3円22.0円
関西電力0円22.4円22.5円
中国電力0円24.4円24.5円
四国電力0円24.4円24.5円
九州電力0円23.4円23.5円
沖縄電力0円供給なし27.0円

この料金差を私(関西電力エリア)の場合を例に考察してみます。

 ・ 使用電気料の月平均が約300kWh
 ・ 料金差0.1円/kWh × 300kWh × 12ヶ月 = 360円
 ・ Looopでんきの方が年間で360円お得だが、
 ・ 楽天でんきでは申し込みで2000ポイント貰えるので…
 ・ 2000ポイント ÷ 360円 = 5.5年
 ・ つまり、楽天でんきよりLooopでんきが実質安くなるのは5年と6ヶ月後以降ということ
 ・ さらに楽天でんきの加入で楽天のポイントアップ(SPU)が+0.5倍付くので…
 ・ 例えば1年間に楽天市場で10000円の買い物すると50円のポイント還元
 ・ 年間での料金差は360円 – 50円 = 310円に縮まる

つまり、楽天経済圏で生活する場合は楽天でんきの方が節約効果が高いです。

ただし、北海道電力エリアと北陸電力エリアの場合は上の360円がそれぞれ1800円、2520円になりますので電気使用量と楽天ポイントの年間獲得数によってはLooopでんきの方が節約できるかもしれませんね。

【番外】マンション共用部電気料金

各家庭で契約する電気については上記のように楽天でんきの方が利点が多いですが、マンション理事会で支払うマンション共用部の電気(電灯契約、エレベータなどの動力契約)においてはLooopでんきの方が節約効果が高い場合があります。

マンション理事会担当されている方は一度料金シュミレーションしてみてはいかがでしょうか。マンションの規模次第ではそれなりの金額差になる可能性がありますね。

マンション共用部の電気料金削減して間接的に家計の節約につなげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました